マナー

沢山の料理

お呼ばれした結婚式に出席できない場合、電報を送るのが社会人としてのマナーです。一般的に電報は結婚式当日に読み上げて頂くものですから、その場に参加したゲスト達に、自分と新郎新婦の関係性をアピールする事ができます。 それにより、例え出席できなくても世間に対して新郎新婦や自分自身の対面を守る事ができるのです。 結婚式は社会的なセレモニーですから、大人として礼儀を欠かさないようにしましょう。 現在結婚式にお祝いの電報を送る場合、カードのみの電報であれば1,000円〜2,000円の商品を購入するのが一般的です。 一方プレゼントつきの電報を贈る場合、相場は3,000円〜5,000円です。お互いの関係性に応じて使い分けるようにしましょう。

電報は現在のように通信手段が発達していない時代に誕生した歴史古い電信文書です。 日本では1936年から国内で使用されるようになりましたので、第二次世界大戦の前から存在していた事が分かっています。 現在でも昭和初期の日本を舞台にした映画や漫画作品を見た場合、当時の電報文化を知る事ができます。 開発当初の電報は現在のように長いメッセージで文章を完成させるサービスではありませんでした。途中でモールス信号への変換を挟んでいますので、実に限られた文章しか書き出す事ができなかったのです。 電報を送る場合、局へ足を運ぶ必要もありましたので、大変手間だった事が分かります。 一方現代の電報は利用者が使いやすいよう様々な取り組みが行なわれており、家にいながらメッセージを届ける事が可能になっています。